EPファーマラインのMR・医療機器営業・PMSモニターの転職・求人サイト MRリンクEPファーマラインの
MR・医療機器営業・PMSモニターの
転職・求人サイト MRリンク

0120-561-497

よくあるご質問

ご質問カテゴリー

業務・環境について EPファーマラインの事業について MR・医療機器営業について
応募について MR経験者の方向け 医療機器営業経験者の方向け

業務・環境について

EPファーマラインの事業について

MR・医療機器営業について

応募について

MR経験者の方向け

医療機器営業経験者の方向け

業務・環境について

どんな仕事ですか。

製薬企業や医療機器メーカーでの営業職になります。製薬企業の営業担当者を「MR(エムアール)」、医療機器メーカーの営業担当者を「医療機器営業」と呼びます。
医師や薬剤師、看護師などに面談し、製品に関する情報提供を行います。製品に関する説明をして使ってもらい、また実際に製品が使われた患者さんの情報を収集し、医療関係者とともに、患者さんの病気やけがの治療に貢献する仕事です。

もっと詳しく

仕事のやりがいは、どんなところにありますか。

この仕事のやりがいは、医療に携わることで実現する高い社会貢献性と、知識の専門性にあります。
正確な説明を重ねて信頼を得てその製品を使ってもらい、患者さんにその製品が使用され、患者さんの病気やけがが治った、あるいは症状が改善したという結果は、ほかでは得ることのできない大きなやりがいです。
また仕事をしながら、病気や怪我、またその治療や薬剤など、一生役立つ知識を身につけていける仕事であることも、大きな魅力です。
この仕事は最初に必要な知識を学ぶだけでなく、継続的に医療に関する知識を学び続ける必要があるため、EPファーマライン及び配属先企業の両方で研修のための時間が確保されており、しっかりと専門的な知識を習得できます。

もっと詳しく

どんな人が活躍していますか。

実にさまざまな業界からの営業経験者の方が活躍しています。どの方も明るく、報告・連絡・相談がしっかりとできていて、また達成意欲が高く、何より「患者さんのために」という信念が強いということが、共通点としてあげられます。
ぜひ、実際にインタビューした社員の声を聞いて下さい。

もっと詳しく

これまでの営業経験は、どのように活かすことができますか。

医療関係者を訪問し、製品の説明して信頼を得ていくには、コミュニケーション力や相手のニーズを丁寧にひきだせる力、スケジュールを自己管理する力、また相手の状況(忙しさなど)に合わせて臨機応変に対応できるためのアンテナが重要です。このような力は、営業としての経験を積んでこそ得られるものです。言い換えれば、その経験そのものがみなさんの強みであり、製薬企業や医療機器メーカーが求める力と言えるでしょう。
実に多くの営業経験者の方が、これまでのご自身の営業経験をそれぞれ発揮して活躍しています。
実際に、前職の営業経験がどのように活かせたか、先輩社員の声から具体的な話を見つけて下さい。

就業形態について教えて下さい。

EPファーマラインの正社員として入社いただき、当社と契約する製薬企業、医療機器メーカーに配属をいたします。配属先それぞれは「○○プロジェクト」と呼ばれます。当社にて所定の研修終了後、担当のプロジェクトマネジャーの細やかなサポートのもと、配属先の製薬会社や医療機器メーカーにて研修を受け、先方の社員と全く同じ立場で営業活動を行います。

もっと詳しく

営業活動の一日の流れを教えてください。

配属先の企業の扱う製品や担当施設によって、スケジュールや活動内容は異なります。

詳しい例は

休日出勤はありますか。

原則、所定の休日はお休みできます。
ただし、配属先企業が主催する、医師向けの講演会や研究会によって、休日出勤する機会はあります。また、配属先の企業によりますが、講演会や研究会は3月~5月や10月~12月といった比較的決まった期間に多く開催されており、その時期は休日出勤が1ヶ月に1~2回程度必要な場合もあります。
またこの仕事は、自己管理の下に業務量を調整できる仕事であり、年末年始やゴールデンウィーク以外でもまとまった休みを取ることができるのが、この仕事の魅力でもあります。

入社から実際に営業活動を始めるまでの流れを教えて下さい。

入社から実際に営業活動を始めるまでの標準的な流れは以下のようになります。

入社

EPファーマラインでの配属前研修(1~3ヶ月)*

配属先企業での製品研修(1~2ヶ月)*

配属エリアにてOJT(先輩同行、上司同行)など

営業活動開始!

詳しい例は

入社後の研修について教えてください。

入社後、MR・医療機器営業それぞれのための研修カリキュラムを用意しています。
それぞれの業務に必要な学術的な研修はもちろん、医療業界の専門用語や業界の仕組み、ルール等、実践的な内容に富んだEPファーマライン独自のカリキュラムを用意しています。
また、配属先の企業でも、いきなり営業活動を始めるわけではなく、配属開始後1ヶ月~2ヶ月程度の製品研修をしっかりと受けられるようになっています。

もっと詳しく

入社後の研修場所はどこになりますか。通えない場合、近くに住居を借りる必要がありますか。

研修場所は当社本社になります。
研修中は、自宅が遠方の方々は当社が用意する施設(ビジネスホテル型マンション等)に宿泊いただきます。
宿泊費は全額当社負担ですので、ご心配はいりません。

医療業界未経験で大丈夫でしょうか。また、私は文科系の大卒ですが、医療業界と聞くと理数系の方が多いイメージがあり、研修についていけるか不安です。

業界全体でMR認定資格を持っている人の大半が文科系の大学を卒業しており、またEPファーマラインのMR・医療機器営業は、医療業界未経験者の方が7割以上です。 当社は医療業界未経験者の方のために構築された研修プログラムを用意し、当社社員である優秀な講師陣がサポートしています。
また営業活動を始めてからもしっかりと担当のプロジェクトマネジャーがフォローする体制を整えていますので、安心してご入社ください。

もっと詳しく

女性が働きやすい環境は整っていますか。

医療業界では、多くの女性の方が営業として活躍しており、産前産後休暇・育児休暇も実際に取得して、お仕事に復帰している方もいらっしゃいます。またライフイベントにより、新たな働き方を希望する場合には、社内異動や、EPSグループ内での異動も積極的に行っています。
多くの女性社員に活躍していただくために開設した社内託児所「メディママ保育園」(東京)の様子も覗いてみて下さい。

保育園の様子はこちらから

給与、手当、福利厚生などについて教えてください。

休日・休暇
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制(土・日)、国民の祝日、年末年始休暇、慶弔休暇
  • 年次有給休暇(初年度入社月により1~10日:以降 勤続年数により増加)
給与・諸手当

1/12を毎月支給(経験・能力を考慮の上、決定します。)

【本給】
基本給+職務給+営業手当(日当相当)
【手当】
  • 住宅手当
  • 赴任手当
  • 住宅契約補助金(敷金・礼金)
  • 単身赴任手当(*この手当とは別に、単身赴任者帰省費用を支給
  • 車両手当(私有車制度加入者)
【赴任時費用】
  • 住宅選定費用、赴任旅費、引越し費用
【年俸更改】
年1回
福利厚生等
  • 交通費全額支給
  • 各種社会保険完備
  • 永年勤続表彰制度
  • 退職金制度
  • 社用リース車貸与
  • 育児・介護休業制度、子の看護休暇、産前産後休暇、母性健康管理のための休暇(妊婦の定期検診)

キャリアの選択肢について教えてください。

EPファーマラインは、MR・医療機器営業の配属先企業数がCSO業界でTOPクラスの実績がありますので、さまざまな企業で経験を積むことができます。そのことで、より専門性を高めたり、あるいは扱う製品や領域の幅を拡げることができます。
またそれまでの経験やスキルを活かし、メディカルコールセンター業務、教育研修、学術資材作成など、多彩なキャリアパスがあります。

もっと詳しく

EPファーマラインの事業について

EPファーマラインの事業について教えてください。

EPファーマラインの事業は、以下の4事業に分かれています。

CSO事業サービス
製薬企業へのMR派遣/MR業務委受託/「MRダイレクト」サービス(電話での定期的なディテーリングサービス)
DIサービス
メディカルコールセンター/ヒューマンソリューション/ヘルスケアサポート
BPOサービス
学術資材作成・改訂/製造販売後調査(PMS)サポート/医薬品流通管理サポート/安全性情報管理サポート/臨床開発サポート/コンベンションサポート
医療機器サポートサービス
人材支援/医療機器コールセンター

詳しくは

EPファーマラインの強みは何ですか。

EPファーマラインは、東証一部上場のイーピーエス株式会社を筆頭にした、総従業員3,500名以上のEPSグループの一員であり、安定した事業基盤があります。
さらに当社は、2013年10月にグループ会社2社が合併し、4事業の業務に従事するMR・薬剤師・看護師・管理栄養士・医療機器営業といった、800名の有資格者・専門知識保持者が活躍する、医療業界アウトソーシングビジネスにおけるプロフェッショナル集団になりました。
あわせて、従来のエリア配属型の活動スタイルに加え、コールセンターを活用した遠隔の情報提供・収集サービス「MRダイレクト」を展開する唯一の企業で、このことは医療業界からも注目されています。

医療業界未経験者は、どの仕事への配属になりますか。

医療業界未経験者の方は、まずCSO事業サービス(MR)もしくは医療機器サポートサービス(医療機器営業)の事業部所属になり、コントラクトMR、コントラクトセールス(医療機器営業)として製薬企業や医療機器メーカーに配属されます。

CSO、コントラクトMR(CMR)、コントラクトセールスとは何ですか。

CSOとは、"Contract Sales Organization"の略で、医薬品販売業務受託機関を指します。
製薬企業や医療機器メーカー等との契約により、医薬品等のマーケティング・販売活動に関わる一連のサービスやソリューションを提供します。
CSOを営む企業に所属し、その企業が契約している製薬企業や医療機器メーカーに配属される営業担当者を、コントラクトMR(MR)/コントラクトセールス(医療機器営業)と呼んでいます。

メーカーMR・メーカー医療機器営業と、EPファーマラインのMR・医療機器営業の違いは何ですか。

MR活動、医療機器営業活動を行う点では、両者に違いは全くありません。
EPファーマラインのMRは正社員として入社後、当社が契約している製薬企業、医療機器メーカーに「コントラクトMR」「コントラクトセールス」として配属され、先方の社員と同様にそのエリアの所属長の指揮命令のもとに営業活動を行います。
一方で、キャリア形成においては、EPファーマラインの社員は、当社1社に在籍しながら複数の企業で色々な製品に学ぶことができ、企業戦略を学ぶことも貴重な経験になります。
さらに、EPファーマラインには、MR・医療機器営業以外にも、医薬品販売後の安全性の調査を行うPMS担当者や、勤務時間や場所を限定して勤務するサポーティングMR、メディカルコールセンター業務など、培った経験を活かした多彩な働き方があります。

MR・医療機器営業について

MRとはどんな仕事ですか。

MRとは、Medical Representativeの略で、医薬情報担当者とも言います。
医師や薬剤師などの医療従事者を訪問し、患者さんがかかっている病気や、患者さんの体質などに合わせた薬の使い方・効果、安全性(副作用等)などの情報を提供し、またその医薬品を使用した患者さんについての情報等を収集し、医療関係者とともに患者さんの病気やけがの治療に貢献するという、重要な役割を担っています。

MRの魅力、MR活動の1日など、詳しくは、

医療機器営業とはどんな仕事ですか。

医療機器営業は、医療機器メーカーの営業担当として、医師や看護師などの医療関係者を訪問し、最先端の担当医療機器の特徴や、使用方法などを説明し、また患者さんに使用されたあとの情報を集めます。
具体的には、使用方法のセミナーやデモンストレーションを行ったり、担当する製品によっては手術に立ち会うこともあります。さらに、看護師や栄養士の方々と一緒に、患者さんへの使い方を指導するサポートなども行います。

医療機器営業の魅力、医療機器営業活動の1日など、詳しくは

MRと医療機器営業の違いは何ですか。

MR・医療機器営業ともに、医療関係者と、患者さんの病気やけがの治療に貢献する仕事という根本的なところは同じです。一方で、扱う製品やアプローチする医療関係者が異なります。

MRの業務、医療機器営業の業務など、詳しく

MRの仕事は、遅くまでの接待が多いと聞いたことがありますが、実際にはどうでしょうか。

確かに以前は、企業によってMRが遅くまで接待をしていたこともありましたが、現在はほとんどの企業で接待を行わなくなっています。
ここ数年徐々に業界の中で規制が厳しくなり、また2012年4月からは、具体的な基準が設けられたことで、MRの接待は、ほとんどなくなっているのが現状です。

製薬企業が加盟する組織

MR認定試験とは、どんな試験ですか。

医療用医薬品を扱う担当者として、必要な知識や情報の基礎を習得したことを認定するための試験です。「公益財団法人MR認定センター」が行っている試験で、医療業界において広く認知され、MRとして活動するために必須の資格試験になっています。
試験科目は3科目(医薬品情報、疾病と治療、医薬概論)で、試験の範囲はMRテキストから出題され、毎年12月に東京と大阪の複数の会場で行われます。(尚、医師、歯科医師、薬剤師は、医薬品情報、疾病と治療が免除されます。)

詳しくは

学生時代と違い、社会人になって大分経っている為、勉強してMR認定試験に合格できるか心配です。

当社では、まず配属前の3ヶ月間、当社社員である優秀な講師陣が分かりやすく丁寧に講義していきます。
また、配属後も試験日まで、綿密なカリキュラムのもと復習テストや模擬テスト、ウイークポイントの強化などを一人ずつサポートしていきますので、安心してください。

詳しくは

医療機器営業でも、MR認定資格はとれますか。

医療機器営業のプロジェクトに配属となった場合、まずそのプロジェクトに1~2年従事していただきます。
その後、MRをめざすキャリア形成も可能であり、その場合はあらためてEPファーマラインにてMR導入教育を受け、MR認定試験を受けていただきます。(MR認定試験:12月)

応募について

応募の条件を教えて下さい。

必須条件は、"4年制大学卒業以上" "普通自動車運転免許" "営業経験もしくは販売経験1年6ヶ月以上"になります。

どんな人がこの仕事に向いていますか。求める人物像は。

明るく元気の良い方、基本行動(報告・連絡・相談)が身についている方、目標に対する達成意欲の高い方、そして何より医療業界で働きたいと強く思っている方に、ぜひこの仕事で活躍していただきたいです。

MRにも医療機器営業にも興味があります。どちらか選んで応募しないといけないでしょうか。

まずは会社セミナーにご参加いただき、MRと医療機器営業についての具体的なイメージを拡げていただいてから、面接等の選考の場面を通じて、皆さまのご希望と適性を踏まえ、当社よりご提案いたします。

応募の方法を教えてください。

当社ホームページよりご応募ください。郵送でのご応募は受付しておりませんので、予めご了承ください。

選考スケジュールを教えてください。

応募から内定までの流れは以下のようになります。

Web履歴書による書類選考

Web適性検査(ご自身のメールアドレスにURLが届きます)

会社セミナー(東京、大阪、名古屋)+一次面接

最終面接

内定!

※応募から内定までは2~4週間程度となります。
※遠方の方は、電話面談などの相談も可能です。

現在、仕事に就いていますが、面接日は決まっていますか。

書類選考を通過した方々への面接日時等のご案内は、以下のようになっております。

[1次面接]
①セミナー(東京・大阪) + 1次面接 日時はこちら
*セミナー開催日時に参加できない方は、個別に対応いたしますので、ご相談ください。

②東京・大阪から離れている方には、電話インタビューをさせてただきます。

[2次面接]
原則、当社本社にて平日10:00~18:00でご案内しておりますが、現職のご都合等でお時間が合わない方は、ご相談ください。

応募エントリー以外の方法での応募は可能ですか。

原則当社ホームページからのご応募に限らせていただいておりますが、PC環境が無いなどの事情がある方は、下記までご連絡ください。

メールでのお問い合わせ:recruiting@eppharmaline.co.jp

お電話でのお問い合わせ:0120-561-497

ホームページに掲載のない募集(本社勤務など)はありますか。

定期的な募集は行っておりません。募集する際にはコーポレートサイトに掲載いたしますので、ご確認ください。

過去に応募したことがあるのですが、再応募は可能ですか。

原則1年以内の再応募はご遠慮いただいております。
1年を過ぎて再応募までの期間で違うご経験を積まれた場合はご相談ください。

応募書類(履歴書、職務経歴書)の返却および個人情報の取り扱いについて教えてください。

ご応募の際にご提出いただいた履歴書、職務経歴書および作品(データ、紙)等の個人情報については、返却いたしかねますので予めご了承ください。

MR経験者の方向け

ホームページに記載のないプロジェクトの採用はありますか。

現在の募集プロジェクトについては、ホームページ求人情報に随時更新して掲載しています。
また、掲載中の職種一覧にご希望のプロジェクトがない方は、ご自身のキャリアと希望を登録いただき、あなたに適したポジションがある場合に、選考情報を受け取ることができる制度、「MR経験者専用登録」をご用意しています。

勤務地の希望はできますか。

原則全国可能な方を募集しておりますが、勤務地にご希望のある場合はまずご相談ください。
また、先にご希望とご経験領域のみご登録いただいておいて、希望勤務地に近いプロジェクトが決まり次第ご案内する「MR経験者専用登録」システムもございます。ぜひご活用ください。

PMS担当者にはどんなプロジェクトがありますか。

大学病院・基幹病院を中心とした全例調査のプロジェクトや、クリニックを中心とした連続調査のプロジェクトなどがあります。尚、医療用医薬品のみならず、医療機器分野のPMSプロジェクトもあります。

時短、もしくは週4日以下程度での働き方はありますか。

コントラクトMR、PMS担当者のいずれにも、時短・もしくは週3日程度での就業が可能なプロジェクトがあります。
また、当社の本社及び支店でのDI事業サービス関連の業務もあり、多様な働き方をご提案できますので、随時ご相談ください。

MRの経験を活かした、ほかの職種の採用はありますか。

当社のDIサービス事業における、以下の職種も随時募集しています。

詳しくは、

■メディカルコミュニケーター

〔業務内容〕
当社が運営を受託する大手製薬企業のお客さま相談室DI(医薬品情報管理)・学術業務担当として薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスしていただきます。
具体的には文献検索、資料作成、電話での問い合わせ対応等を行っていただきます。

■MRサポート

〔業務内容〕
製薬企業の医薬情報担当者(MR)が医師へ医薬品に関する情報提供を行うにあたっての支援、具体的には電話による説明、資料送付、およびMRに対する連絡業務を担当していただきます。医師には事前に電話をかけることを了承していただいていますので、ストレスなく業務が行えます。

MRではなく、MR経験を活かしてプロジェクトマネジャー等への応募は可能ですか。

定期的な募集は行っておりません。
募集する際にはコーポレートサイトに掲載いたしますので、ご確認ください。

医療機器営業経験者の方向け

ホームページに記載のないプロジェクトの採用はありますか。

現在の募集プロジェクトについては、ホームページ求人情報に随時更新して掲載していますが、ご経験を基にしたご希望等のご相談はいつでも受付けておりますので、当社リクルーティング部までご連絡ください。

メールでのお問い合わせ:recruiting@eppharmaline.co.jp

お電話でのお問い合わせ:0120-561-497

勤務地の希望はできますか。

原則全国可能な方を募集しておりますが、勤務地にご希望のある場合はまずご相談ください。

医療機器営業の経験を活かした、ほかの職種の採用はありますか。

当社のDIサービス事業における、以下の職種も随時募集しています。

詳しくは、

メディカルコミュニケーター

〔業務内容〕
当社が運営を受託する大手製薬企業のお客さま相談室DI(医薬品情報管理)・学術業務担当として薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスしていただきます。
具体的には文献検索、資料作成、電話での問い合わせ対応等を行っていただきます。

医療機器営業ではなく、経験を活かしてプロジェクトマネジャー等への応募は可能ですか。

定期的な募集は行っておりません。募集する際にはコーポレートサイトに掲載いたしますので、ご確認ください。

株式会社EPファーマライン プライバシーマーク 株式会社EPファーマライン
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-27-12 TEL 03-5979-8128 / FAX 03-5391-5730